はろばろ

はろばろは、古語の遥遥(はるばる・はろばろ)が由来です。
囲碁の無数に広がる局面、コンピューターによって広がる知性を・・・「はろばろ」と表しています。